忍者ブログ
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]

DATE : 2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/08/22 (Tue)

java.awt.image.BufferedImage のあるコンストラクタが少々わかりづらいのでメモしておきます。

BufferedImage には、BufferedImage(java.awt.image.ColorModel, java.awt.image.WritableRaster, boolean, java.util.Hashtable) というコンストラクタがあります。

初めの ColorModel や WritableRaster は画像内のデータの解釈方法(ColorModel)と画像のデータ(Raster)であることは分かります。しかし、その後の boolean と Hashtable が謎です。

ちなみに、日本語版 API ドキュメントには、次のように書かれています。

public BufferedImage(ColorModel cm, WritableRaster raster, boolean isRasterPremultiplied, Hashtable properties)

ColorModel および Raster を指定して、新しい BufferedImage を構築します。Raster の SampleModel のバンドの数および型が、色成分およびアルファ成分を表すために ColorModel によって要求される数および型と一致しない場合は、 RasterFormatException がスローされます。このメソッドは、ColorModel の alphaPremultiplied 状態と一致させるために色 Raster データをアルファで乗算または除算できます。この BufferedImage のプロパティは、String と Object のペアの Hashtable を渡すことによって確立できます。

パラメータ:
cm - 新しいイメージの ColorModel
raster - イメージデータの Raster
isRasterPremultiplied - true の場合、ラスタのデータはアルファによってあらかじめ乗算されている
properties - String と Object のペアの Hashtable

この引用によると、boolean は『true の場合、ラスタのデータはアルファによってあらかじめ乗算されている』ことを、Hashtable は『BufferedImage のプロパティ』を表すようです。

Hashtable については、ドキュメントを調べるうちに解決できました。BufferedImage のスーパークラスである java.awt.Image を見る(Image#getProperty(String, java.awt.image.ImageObserver))と、次のように書かれていました。

プロパティ名「comment」を使用すると、イメージ、そのソース、またはその作成者の記述としてアプリケーションに提示できるオプションのコメントを格納できます。

どうも、画像に対する付加情報が Hashtable で設定できるようです。例えば、javax.swing.ImageIcon では、「comment」と設定したプロパティをアイコンの説明に使用するようです。(ImageIcon(java.awt.Image)

しかし、この付加情報はあくまでも「画像オブジェクト」に対するものであり、「画像ファイル」の付加情報ではありません。「画像ファイル」に対して、作者やコメントなどの付加情報を付ける場合は、ImageIO であれば javax.imageio.metadata.IIOMetadata を使わなければなりません。

次に boolean です。正直なところ、ドキュメントからはいまひとつ意味がつかめません。『ColorModel の alphaPremultiplied 状態と一致させるために色 Raster データをアルファで乗算または除算できます』という部分から、ColorModel#isAlphaPremultiplied() との関係がうかがえます。しかし、『Raster の SampleModel のバンドの数および型が、色成分およびアルファ成分を表すために ColorModel によって要求される数および型と一致しない場合は、RasterFormatException がスローされます。』という部分には、Raster と ColorModel とが対応しない場合は例外が発生すると書かれているので、alphaPremultiplied 状態が合っていないと例外が発生するようにも受け取れます。しかし、ColorModel#isAlphaPremultiplied() から alphaPremultiplied 状態は取得できるので、あえて引数として alphaPremultiplied を受け取る理由が分かりません。

そこで、BufferedImage(ColorModel, WritableRaster, boolean, Hashtable) のソースコードを調べてみました。すると、次の1行が見つかりました。

coerceData(isRasterPremultiplied);

上のコードは、次のメソッドを呼び出しています。(BufferedImage#coerceData(boolean))。

    public void coerceData (boolean isAlphaPremultiplied) {
        if (colorModel.hasAlpha() &&
            colorModel.isAlphaPremultiplied() != isAlphaPremultiplied) {
            // Make the color model do the conversion
            colorModel = colorModel.coerceData (
                raster, isAlphaPremultiplied);
        }
    }

コンストラクタで指定された ColorModel (フィールドの colorModel)のalphaPremultiplied 状態と isAlphaPremultiplied とを比較して、異なる場合は引数に指定されたものと同じ状態の ColorModel を生成しています。また、ラスタのデータの計算も行っています。

ここから、BufferedImage(ColorModel, WritableRaster, boolean, Hashtable) の boolean は、BufferedImage の ColorModel の alphaPremultiplied 状態を設定する引数と言えます。

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)