忍者ブログ
[233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223]

DATE : 2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/12/18 (Mon)

前回の記事

BREW 全体の処理

BREW 全体は、イベントやコールバックの行列と言えます。

BREW AEE(Application Execution Environment、アプリケーション実行環境)はシングルスレッドですが、複数のアプレットを実行できます。

その実体は、実行する処理を溜め込むための単一のキューにあります。

各アプレットからは、実行したい処理がキューに次々と登録されていきます。そこで BREW AEE はキューから処理をひとつずつ取り出しては実行します。それぞれの処理はごく短いものなので、このような動作を繰り返すことで複数のアプレットを同時に実行しているように見せかけています。

ここでいう「処理」が、コールバックやイベントに当たります。コールバックやイベントを使用すると、キューに実行したい処理を登録することができます。登録された処理は BREW から直接呼び出されることになるので、時間のかかる処理でも細かく分けることができれば、再起動される時間を気にせずに実行できるというわけです。

つづきます

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)