忍者ブログ
[236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226]

DATE : 2017/09/23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/12/21 (Thu)

前回の記事

コールバックとは

コールバックを使うと、BREW AEE に関数を登録しておくことができます。

コールバックには、大きく分けると次の2種類があります。

  • 非同期処理のためのコールバック
  • AEE シェルによるコールバック

非同期処理のためのコールバック

ネットワークで通信を行う場合などには、相手の応答を待たなければならないことがあります。このような応答を待たなければならない処理にコールバックが使用されます。相手からの応答があれば、コールバックに登録した関数が実行されます。

このコールバックは非同期処理の必要な API にそれぞれ用意されているので、詳しくは触れません。

なお、ファイルを読み書きするための IFile インタフェースにもファイルを読み込むためのコールバックを登録する関数(IFILE_Readable)があります。しかし、コールバック経由でなくとも直接 IFILE_Read 関数を使ってファイルを読み込むことができるそうです。

つづきます

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)