忍者ブログ
[341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331]

DATE : 2017/05/25 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/10/26 (Fri)

空間情報ビューア、エディタの uDig は、PostGIS の geometry 型の列を認識して表示してくれます。

初めは、OpenGIS 仕様にのっとって、GEOMETRY_COLUMNS テーブルで指定されている列しか認識しないものと思っていたのですが、試しにビューを作って動的に幾何オブジェクトを生成した場合でも、uDig は認識して表示してくれました。

これで、uDig での表示用にビューを活用できることが分かりました。これまでは、わざわざ問い合わせからテーブルを生成していました。しかし、問い合わせからのテーブルの生成では、問い合わせ元のテーブルが更新されても生成されたテーブルは更新されません。そのため、表示用にビューが使えると、更新作業がいらず、楽になります。

PR
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)