忍者ブログ
[136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126]

DATE : 2017/03/30 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/08/16 (Wed)

JAI の簡単な使い方」では、javax.media.jai.JAI#create(String, java.awt.image.renderable.ParameterBlock) を使いました。この create メソッドは、操作内容の文字列とパラメータとを引数にとりますが、他にも、RenderingHints を引数に取る create メソッドがあります。(javax.media.jai.JAI#create(String, java.awt.image.renderable.ParameterBlock, java.awt.RenderingHints)

RenderingHints とは、java.awt.RenderingHints で定義されているクラスで、描画方法を指定できます。例えば、線を描画する際にはアンチエイリアスをかける、かけないといった指定などです。

JAI で用意されたレンダリングヒントを設定すると、分割画像を作ることができます。

具体的には、javax.media.jai.JAI#KEY_IMAGE_LAYOUT を使用します。このレンダリングヒントを指定して、内容として javax.media.jai.ImageLayout オブジェクトを指定します。

以下に、1つの分割画像が100×100の画像を生成するコードを示します。なお、分割対象の画像オブジェクトは source 変数に格納されているものとします。(import 文などは省略しています)

ImageLayout layout = new ImageLayout();
layout.setTileWidth(100);
layout.setTileHeight(100);

ParameterBlock parameter = new ParameterBlock();
parameter.addSource(source);

RenderingHints hints = new RenderingHints(JAI.KEY_IMAGE_LAYOUT, layout);

RenderedImage result = JAI.create("Null", parameter, hints);

この記事では特に行う操作はないので、 create メソッドに Null 操作を指定しました。

ImageLayout オブジェクトの tileWidth, tileHeight プロパティを設定し、RenderingHints に格納、create メソッドに渡すことで、分割画像を作ることができます。

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)