忍者ブログ
[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]

DATE : 2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/02/06 (Tue)

BREW では標準 C ライブラリ関数を直接使うことができません。アプレットのサイズを最小限に抑えるため、BREW では標準 C ライブラリ関数を AEE を通して使います。例えば malloc 関数を使うには、 AEE に用意された MALLOC 関数を使います。

BREW の仕様上、中には AEE から使用できない標準 C ライブラリ関数もあります。また BREW では通常、浮動小数点数演算がサポートされていないため、浮動小数点演算用の関数が用意されています。

そこで 時々使う max, min, abs 関数を BREW API ドキュメントの中で探してみたのですが、見つかりません(浮動小数点数用の FMAX, FMIN, FABS はあったのですが、整数用のものは書かれていませんでした)。

しかし、BREW のヘッダファイルの「AEEComDef.h」を覗いて見ると、次のような宣言がありました。

#ifndef MAX #define MAX( x, y ) ( ((x) > (y)) ? (x) : (y) ) #endif #ifndef MIN #define MIN( x, y ) ( ((x) < (y)) ? (x) : (y) ) #endif #ifndef ABS #define ABS(VAL) (((VAL)>0)?(VAL):(-(VAL))) #endif

(;^ω^)API ドキュメントには書かれていませんが、マクロ関数 MAX, MIN, ABS として使用できるようです。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)