忍者ブログ
[253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243]

DATE : 2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/01/17 (Wed)

前回の記事

進行方向のみをエミュレーションする小技

進行方向のみを扱う場合は、以下のように GPRMC データを作ると簡単に進行方向をエミュレーションできます。(BREW シミュレータ Version 3.1.2.17 で確認しました)

  • GPRMC の進行方向部分を任意の値に書き換える。
  • 緯度・経度のどちらかの値を適当に変化させる。

例えば、10秒後に真東へ、20秒後は真北へ進んだ GPRMC データは次のようになります。(初めのデータは、「NMEA-0183 フォーマット」からの転載です)

$GPRMC,050945.00,A,3504.227794,N,13545.810149,E,000.0,57.1,140302,6.5,W,A*12
$GPRMC,050955.00,A,3504.227795,N,13545.810149,E,000.0,90.0,140302,6.5,W,A*12
$GPRMC,050965.00,A,3504.227794,N,13545.810149,E,000.0,0.0,140302,6.5,W,A*12

緯度・経度のどちらかを適当な値に変えるのがポイントです。緯度・経度の値が変わらない場合、BREW シミュレータの GPS エミュレータは進行方向も変化していないと見なすようです。実際、緯度・経度が変化しない場合は進行方向も変わらないので、そのような動作になっているのだと思います。上の例では、緯度を0.000001分刻みで増減させています。

(了)

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)