忍者ブログ
[227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217]

DATE : 2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/12/10 (Sun)

大河ドラマ「功名が辻」を見終わりました。

(;^ω^)近年の大河ドラマの中で、久々に最後まで見通せた作品でした

今作の主人公(山内一豊)は、歴代の大河ドラマの主人公と比べるとかなりヘタレな部類に入ります。槍の腕前や戦場での活躍はかなりのものですが、策略家タイプではなく堅気な性格のために、仕える信長・秀吉・家康の下で翻弄されていきます。

(;^ω^)サラリーマン的な主人公かもしれません。

しかしその分、妻の千代や家臣らの活躍によって難しい作戦を成功させたり、運気を掴んだりするといった部分が非常に盛り上がりました。また同時に、周囲の人物のキャラも立っていたと思います。

(;^ω^)主人公がヘタレな分、まわりのキャラが立たないと話も進みませんしね。

家臣が主人公かと思わせる回もあったほどでした。その分、家臣が討ち死にする回は感涙ものに仕上がっていました。

ただ、大河ドラマを見ていていつも思うのは、人物の年齢ですね。子供時代の場合は子役が演じますし、出世前はそれ相応の身なりなので年齢の進行もよく分かります。しかしある程度出世してしまうと、いつも同じような衣装で年を重ねていきます。一豊などの男性は、これまで生えていなかったヒゲが生えてきたり髪が白くなったりといった変化が見られましたが、千代などの女性は特に変わっていませんでした。そのため、「いま一体何歳なのか?」という疑問が尽きませんでした。

(;^ω^)特に、最終回では60歳のはずなのに黒々とした髪としわひとつない顔なので、妻というよりも娘に見えました。

と、年齢の表現には少々不満があったものの、全体としては面白くまとまっていました。

( ´∀`)信長・秀吉・家康と、戦国時代のスターがまとめて見られますしね。しかも、その3人に仕える側からの視点というのがまた新鮮でした。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)