忍者ブログ
[106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96]

DATE : 2017/07/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/07/09 (Sun)

Maven プロジェクトを作る

プロジェクトを配置したいディレクトリ(例えば、Eclipse のワークスペースディレクトリなど)で以下のコマンドを実行します。

「<~>」の部分は、作成したいプロジェクトによって置き換えてください。

mvn archetype:create -DgroupId=<groupId> -DartifactId=<artifactId> -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-webapp

コマンドを実行すると、Maven プロジェクトが作成されます。作成されるディレクトリは、 artifactId と同じ名前になります。

Eclipse のプロジェクトファイルの生成

作成したプロジェクト内で、以下のコマンドを実行します。すると、Eclipse のプロジェクトファイルが生成されます。

mvn eclipse:eclipse

なお、Eclipse に m2eclipse プラグインをインストールしておくと便利です。

依存するライブラリの設定

ここでは、単純なサーブレットを開発することを前提に話を進めます。

サーブレットを開発するには、サーブレット API が必要です。

そこで、pom.xml に以下の内容を追記します。

なお、「...」は省略部分を表します。

<project>
  ...
  <dependencies>
    ...(他の依存ライブラリがある場合)
    <dependency>
      <groupId>javax.servlet</groupId>
      <artifactId>servlet-api</artifactId>
      <version>2.4</version>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>
  <dependencies>
  ...
</project>

サーブレット API は、ビルド時には必要ですが、配置時には必要ない(サーブレットエンジンが API を持っている)ため、スコープを provided としています。

ディレクトリ構成

Maven を用いてウェブアプリケーションを開発する際のディレクトリ構成で主なものを以下に挙げます。

src/main/java
サーブレットなどのソースコードを格納するディレクトリです。
src/test/java
テストコードを格納するディレクトリです。
src/main/resource
リソースを格納するディレクトリです。ビルド時に、クラスファイルと同じディレクトリにコピーされます。
src/main/webapp
JSP ファイルや HTML ファイルなどのページを格納するディレクトリです。直下に WEB-INF ディレクトリがあります。

Maven2 Jetty Plugin を使う

これでウェブアプリケーションを開発できるようになりました。しかし、開発したウェブアプリケーションを試しに実行する環境がまだ整っていません。

Maven2 Jetty Plugin を使うと、ソースコードや JSP ファイルなどの変更を監視し、自動的にサーブレットエンジンに再配置してくれます。また、 Maven2 Jetty Plugin そのものがサーブレットエンジンなので起動が早く、試しに実行するには最適です。

Maven2 Jetty Plugin を使用するには、まずプラグインのインストールが必要です。そのために、Maven2 Jetty Plugin のある Maven リポジトリを pom.xml に記述します。

<project>
  ...
  <pluginRepositories>
    <pluginRepository>
      <id>mortbay-repo</id>
      <name>mortbay-repo</name>
      <url>http://www.mortbay.org/maven2/snapshot</url>
    </pluginRepository>
  </pluginRepositories>
  ...
</project>

そして、Maven2 Jetty Plugin の設定を記述します。

<project>
  ...
  <plugins>
    ...
    <plugin>
      <groupId>org.mortbay.jetty</groupId>
      <artifactId>maven-jetty-plugin</artifactId>
      <configuration>
        <scanIntervalSeconds>10</scanIntervalSeconds>
      </configuration>
    </plugin>
    ...
  </plugins>
  ...
</project>

「scanIntervalSeconds」は、ファイルの変更を監視する間隔を秒単位で表したものです。ここでは、10秒間隔で監視するように設定しています。

Maven2 Jetty Plugin を実際に使用するには、Maven プロジェクトのディレクトリ内で以下のコマンドを実行します。

mvn jetty:run

このコマンドを実行すると、Jetty サーバが立ち上がります。

なお、mvn に「-e」オプションを付けると、例外が発生した場合に、スタックトレースを表示させることができます。

標準では、「http://localhost:8080/<artifactId>」にアクセスすると、ウェブアプリケーションにアクセスできます。

Jetty サーバを終了するには、コマンドを実行したコンソールで「Ctrl+C」を押します。

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)