忍者ブログ
[49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39]

DATE : 2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/05/05 (Fri)

前回の記事

XML 形式のプロパティファイル

Java SE 5 から、 XML 形式で Properties を読み書きできるようになりました。

XML 形式で Properties を書き出すには java.util.Properties#storeToXML(java.io.OutputStream, java.lang.String) を、読み込むには java.util.Properties#loadFromXML(java.io.InputStream) を使います。なお、storeToXML メソッドには、文字エンコーディングを指定して書き出すことのできるメソッドもあります。

XML 形式の Properties の DTD は java.util.Properties の javadoc に掲載されています。

XML 形式の Properties は、次のような構成になります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE properties SYSTEM "http://java.sun.com/dtd/properties.dtd">
<properties>
 <entry key="KEY">VALUE</entry>
</properties>

実際にプロパティのキーと要素を表しているのは、次の部分です。

<entry key="KEY">VALUE</entry>

「KEY」がキー、「VALUE」が要素となります。

つまり、entry 要素ひとつを使って、ひとつのプロパティを表すことになります。例えば、キーに「SE」、「EE」、それぞれの要素が「Standard Edition」、「Enterprise Edition」となる Properties を XML で示すと以下のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE properties SYSTEM "http://java.sun.com/dtd/properties.dtd">
<properties>
 <entry key="SE">Standard Edition</entry>
 <entry key="EE">Enterprise Edition</entry>
</properties>

ちなみに、XML 形式の Properties では、XML の文字エンコードを指定することができます。標準では、上のように UTF-8 となっていますが、 Shift_JIS なども指定できます。

そのため、従来のプロパティファイルのように、日本語を Unicode 形式で書く必要がありません。

つづきます

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)