忍者ブログ
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]

DATE : 2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/05/08 (Mon)

統計処理を行う際には、まず処理の対象となるデータが必要です。

そこで、R に CSV ファイルを読み込ませる方法をメモしておきます。

CSV ファイルを読み込むには、 read.csv 関数を使用します。

引数の形式は次の通りです。

read.csv(file, header = TRUE, sep = ",", quote = "\"", dec = ".", fill = TRUE, ...)
file
ファイルパス
header
1行目を列名として扱うかどうか。省略時は TRUE。
sep
フィールドの区切り文字。省略時は「,」。
quote
文字列の囲み文字。省略時は「"」。
dec
小数点を表す文字。省略時は「.」。
fill
TRUE の場合、行にフィールドが十分ない場合には欠損値(NA)で埋め合わせを行う。FALSE の場合はエラーを出す。省略時は TRUE。

読み込んだ結果は、データフレームとして返されます。

例えば、次のような CSV ファイル test.csv を読み込みます。ここで、1行目は列名を表します。

"col1", "col2", "col3"
1, 2, 3
4, 5, 6

read.csv を実行すると、次のようになります。

> read.csv("test.csv")
  col1 col2 col3
1    1    2    3
2    4    5    6
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)