忍者ブログ
[186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176]

DATE : 2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/10/13 (Fri)
前回の記事

テスト用プロジェクトの作成

解凍して出てきたフォルダのうち、src フォルダの中にあるファイルを、テスト用のプロジェクトフォルダにコピーします。ただし、次のようにコピーします。

  1. src フォルダの直下にあるファイル(フォルダは除く)をコピー
  2. src\utils フォルダをコピー

テスト用のプロジェクトファイルを「test_project」とすると、コピー後は次に示すフォルダ階層になるはずです。

  • test_project
    • src フォルダの直下にあったファイル
    • utils フォルダ

次に、src\platforms\brew フォルダの中身を、プロジェクトフォルダにコピーします。ただし、brew フォルダの中にはサンプル用のファイルも含まれているので、C++ のソースコード(*.h と *.cpp)のみをコピーします。なお、その中にある brewunit.cpp はサンプル用のソースコードです。これを基にしてテストプログラムを記述すると楽なので、コピーすることにしました。

結果、プロジェクトフォルダは次のようなフォルダ階層になります。

  • test_project
    • src フォルダの直下にあったファイル
    • src\platforms\brew フォルダの直下にあったソースコード
    • utils フォルダ

もしも Visual C++ を使っている場合は、フィルタを作成してこれまでにコピーしたファイルをまとめておくと見通しが良くなります(ただし、brewunit.cpp はテストプログラムの作成の際に参照するだけなので、フィルタにはまとめないようにします)。

つづきます

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)