忍者ブログ
[191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181]

DATE : 2017/07/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/10/23 (Mon)

BREW API 3.1 には、デバッグ情報を出力するためのマクロ関数 DBGPRINTF (AEEStdLib.h) があります。使用法は printf と同じなのですが、printf と違って浮動小数点数を出力できません。つまり、次のようにして浮動小数点数を出力してみようとしても、うまくいきません。

DBGPRINTF("%f", 0.23);

そこで、浮動小数点数をいったんワイド文字列に変換してから、DBGPRINTF を適用します。

浮動小数点をワイド文字列に変換するには、マクロ関数 FLOATTOWSTR (AEEStdLib.h) を使用します。

具体的には、次のようになります。

AECHAR string[10];

FLOATTOWSTR(0.23, string, 10);

BREW 用のワイド文字 AECHAR 型の配列を用意して、その中に 0.23 の文字列表現を入れています。

後は、この文字列表現を DBGPRINTF で出力すれば完了です。なお、AECHAR からなる文字列は、「%S」で出力できます。

DBGPRINTF("%S", string);
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)