忍者ブログ
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]

DATE : 2017/07/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/04/04 (Tue)

便利なアクセスキー

Windows アプリケーションで Alt + F キーを押すと、たいていの場合、ファイルメニューが開きます。いわゆるショートカットキーです。

ウェブページにも、ショートカットキーを付けることができます(HTML 4.01 仕様書 では、「アクセスキー」と呼んでいます) 。アクセスキーをつけると、特定のキーを押すだけでリンクを辿らせたり、ボタンを押したり、テキストボックスなどにカーソルを移動させたりできます。

また、ウェブページのアクセシビリティについての指針を定めたHTML Techniques for WCAG 2.0 (2005/06/30草案、英語)の9.9節でも、リンクにアクセスキーを設定することを推奨しています。

アクセスキーの設定の仕方

具体的には、次のように accesskey 属性を付けます。

<a href="index.html" accesskey="T">トップページへ</a>

この例では、トップページへのリンクに「T」というアクセスキーを付けました。この HTML が書かれているウェブページであれば、T のアクセスキーを押すと、トップページへ移動します。(なお、アクセスキーの実行の仕方は、OS によって異なっています。Windows であれば Alt キーを押しながらアクセスキーを押します)

なお、accesskey 属性を設定できる要素は以下の通りです。

  • a
  • area
  • button
  • input
  • label
  • legend
  • textarea

不便なアクセスキー

反面、アクセスキーには問題点もあります。

まず、アクセスキーを設定したとしても、その存在が利用者に分からなければ利用してもらえません。

そして最大の問題点は、ブラウザのショートカットキーと重複してしまう場合があることです。上の例であれば、Windows アプリケーションのメニューとして一般的なツールメニューと重複します。アクセスキーとショートカットキーが重複した場合の動作は不明です。(Internet Explorer などでは、アクセスキーの方が優先されるようです)

個人的な感想

個人的には、アクセスキーを導入するのはしばらく待ちにしようと思っています。

アクセスキーの統一的な指針ができれば、問題なく導入できるのですが。

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)