忍者ブログ
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64]

DATE : 2017/09/20 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/06/03 (Sat)

参考文献から、OpenOffice.org Math で場合分けの式を書く方法をメモしておきます。

x が y 以上の場合には x 、そうでない場合には y を返す関数 f(x) を書いてみます。

f(x) = left lbrace
    matrix {
        alignl x # , # alignl x >= y ##
        alignl y # , # alignl x < y
    }
right none

ポイントは、matrix を使って式を並べるところです。現在の OpenOffice.org Math では、特定の文字を中心に式を並べる機能がないので、行列の表現で代替するしかありません。

また、「left lbrace」と「right none」の組み合わせもポイントです。本来は「left lbrace」と「right rbrace」の組で、式に合わせて高さが変化する中カッコの組を表現できます。ここで「right none」とすることで、右側のカッコを消しているわけです。

なお、「alignl」を行列の要素に付けることで、それぞれの要素を左揃えでレイアウトさせています。

参考文献

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)