忍者ブログ
[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [367] [368]

DATE : 2017/09/23 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/11/22 (Sat)

Firefox 拡張で、特定の URL が読み込まれた際に他のページへ飛ばすには、nsIWebProgressListener インタフェースを実装したオブジェクトを作ります。

function MyListener() {

}

MyListener.prototype = {

    /*
     * nsIWebProgressListener の実装
     */
        
    QueryInterface : function(aIID) {
        if (aIID.equals(Components.interfaces.nsIWebProgressListener) ||
                aIID.equals(Components.interfaces.nsISupportsWeakReference) ||
                aIID.equals(Components.interfaces.nsISupports)) {
            return this;
        }
        
        throw Components.results.NS_NOINSTANCE;
    },
    
    onStateChange : function(aWebProgress, aRequest, aFlag, aStatus) {

    },
    
    onLocationChange : function(aProgress, aRequest, aURI) {

    },
    
    onProgressChange : function(aProgress, aRequest, aCurSelfProgress,
                                 aMaxSelfProgress, aCurTotalProgress,
                                 aMaxTotalProgress) {

    },
    
    onStatusChange : function(aWebProgress, aRequest, aStatus, aMessage) {

    },
    
    onSecurityChange : function(aWebProgress, aRequest, aState) {

    }
}

nsIWebProgressListener インタフェースを実装したオブジェクトは、ページへのリクエストを監視できます。ページへのリクエストが発生すると onStateChange メソッドが呼ばれるので、このメソッド内に、移動したいページの URL へのリクエストを監視するコードを書きます。

    onStateChange : function(aWebProgress, aRequest, aFlag, aStatus) {
        var url = aRequest.name;

        if (aFlag & Components.interfaces.nsIWebProgressListener.STATE_START) {
            // url のページへのリクエストが発生した際に到達する
        }
    },

リクエストされた URL を取得するには、引数 aRequest の型である nsIRequest の name プロパティを使用します。また、リクエストの開始かどうかは、引数 aFlag のビット列を見ることでわかります。

引数 aRequest の name プロパティの中身が予期していた URL と同じであれば、別のページへ飛ばすようなコードを書きます。ここで、SOURCE_URL は別ページへ飛ばす対象となる URL、DESTINATION_URL は、移動先の URL を表します。

    onStateChange : function(aWebProgress, aRequest, aFlag, aStatus) {
        var url = aRequest.name;

        if (aFlag & Components.interfaces.nsIWebProgressListener.STATE_START) {
            if (url == SOURCE_URL) {
                aWebProgress.DOMWindow.location.replace(DESTINATION_URL);
            }
        }
    },

nsIWebProgress 型である引数 aWebProgress から、現在のページを表示している nsIDOMWindow 型のオブジェクトを取得し、そのページの場所を表す Location オブジェクトを使用して、移動先のページに置き換えます。Location オブジェクトでは、assign メソッドを使用してページを置き換える方法もありますが、上記のコードでは replace メソッドを使用しました。assing メソッドでは置き換えた元のページが履歴に残りますが、replace では残りません。

現在のページの URL は、 nsIDOMWindow 型のオブジェクトから取得した Location オブジェクトを使用しても取得できますが、今回はその方法が使えません。Location オブジェクトの表す URL はすでに読み込みが完了した後のページのものなので、上記のコードで新しくリクエストされた URL を Location オブジェクトから取得しようとしても、現在表示されているページの URL が取得されてしまいます。replace メソッドを使用してページを置き換えると新しいリクエストが発生するので、無限ループになる場合もあります。そのため、リクエストされた URL を使用する際には、必ず引数 aRequest の name プロパティから取得するようにしてください。

(;^ω^)これで長時間つまりました。

あとは、このリスナーオブジェクトを Firefox に登録します。

var myListener = new MyListener();

function load() {
    gBrowser.addProgressListener(
        myListener,
        Components.interfaces.nsIWebProgress.NOTIFY_STATE_DOCUMENT);
}

function unload() {
    gBrowser.removeProgressListener(myListener);
}

window.addEventListener("load", load, false);
window.addEventListener("unload", unload, false);

参考文献

PR
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)