忍者ブログ
[359] [358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349]

DATE : 2017/05/27 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/02/05 (Tue)

Java SE が6 Update 3 から Update 4にバージョンアップしていたので、PC の JDK を更新したところ、GlassFish が動作しなくなってしまいました。サーバの起動や終了を行う際に使用する asadmin コマンドを使っても、次のようなエラーメッセージが出て動作しません。

指定されたパスが見つかりません。

GlassFish のバージョンは v2 Update Release 1で、Windows Vista 上で動作させています。「指定したパスが見つかりません」ということで、環境変数まわりを調査してみましたが、おかしなところは見当たりません。そもそも、JDK のバージョンアップ前は正常に動いており、java コマンドへのパスや JAVA_HOME 環境変数も問題ありませんでした。

そこで GlassFish の設定ファイルを探し回ったところ、「<GlassFish のインストールフォルダ>\config\asenv.bat」の中に次の行が見つかりました。

set AS_JAVA=C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_03\jre/..

バージョンアップ前の JDK のパスを指定しているので、非常に怪しいです。そこで、この部分を現在の JDK のパスに書き換えてみます。すると、正常に asadmin が動作し、GlassFish も正常に起動しました。

(;^ω^)asenv.bat は、GlassFish 用の環境変数を設定するバッチファイルです。GlassFish は、Java の実行環境のパスを AS_JAVA 環境変数で独自に管理しているところが今回ひっかかった点でした。Ant や Maven などは JAVA_HOME 環境変数で管理していたので、GlassFish もそうだと思い込んでしまったわけです。

PR
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)