忍者ブログ
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16]

DATE : 2017/05/27 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/04/11 (Tue)

前回の記事

ログ出力機構を選ぶ

ログ出力機構を指定するには、 org.apache.commons.logging.Log (以下、Log)の実装を指定します。標準で指定できる実装で主なものを挙げます。

org.apache.commons.logging.impl.Log4JLogger
Log4j を使用する実装。
org.apache.commons.logging.impl.Jdk14Logger
ロギング API を使用する実装。
org.apache.commons.logging.impl.SimpleLog
System.err を使用する実装。
org.apache.commons.logging.impl.NoOpLog
ログを出力しない場合の実装。

( ・∀・)もちろん、Log を自前で実装すれば、 Logging で使えるログ出力機構を独自に作成、もしくは指定できます

ログ出力機構を指定する方法には、何種類かあります。

  • システムプロパティに org.apache.commons.logging.Log の値を設定する。
  • JAR ファイルに、サービスプロバイダとして org.apache.commons.logging.Log の実装を指定する。
  • クラスパスに commons-logging.properties を配置し、 org.apache.commons.logging.Log プロパティを設定する。

今回は、 commons-logging.properties をクラスパスに配置する方法でログ出力機構を選択します。

commons-logging.properties の中身は、次の1行です。

org.apache.commons.logging.Log = org.apache.commons.logging.impl.SimpleLog

Log として、 org.apache.commons.logging.impl.SimpleLog を指定しています。

つづきます

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)