忍者ブログ
[390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380]

DATE : 2017/05/27 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2011/05/06 (Fri)

アプリケーションを開発していると、メモリの消費量が心配になることがあります。消費量が少ないことに超したことはありませんが、計測もせずに最適化を行うのもよくありません。計測の際に、そもそもDalvikVMのアプリケーションあたりの最大ヒープサイズがどれだけなのか気になったので、それを取得する方法をメモしておきます。

DalvikVMのアプリケーションごとの最大ヒープサイズはデバイスによって異なり、システムプロパティdalvik.vm.heapsizeに定義されています。

次を実行することで取得できます。

adb shell getprop dalvik.vm.heapsize

アプリケーションからは、android.app.ActivityManager#getMemoryClass() でも同様の内容を取得できます。アプリケーションの求める動作条件をデバイスが満たしているか否か判断する際に使えます。

PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)