忍者ブログ
[174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164]

DATE : 2017/07/24 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/09/29 (Fri)

C++ で文字列を扱うには、標準C++ライブラリの string クラスを使用します。C と同じように char 型の配列としても扱えますが、ここでは string クラスを使った方法を取り上げます。

文字列の静的な宣言

string クラスを使用するには、まず string ヘッダを取り込む必要があります。

#include <string>

string オブジェクトを文字列リテラルで宣言するには、次のようにします。

std::string str = "string";

なお、「string」の前にある「std」は「名前空間」です。string クラスは std 名前空間に属しているので、上のように書きます。Java で言えば、次のようなコードに相当します。

java.lang.String str = "string";

Java の場合、java.lang パッケージは自動的にインポートされるので、上のように java.lang と書く必要はありません。

ただし、C++ の場合でも、あらかじめ使用する名前空間を宣言しておくことで、クラスの名前空間を省略できます。

例えば、ファイル中で std 名前空間を使用するときは次のように書きます。

using namespace std;

これは、Java の場合は次のようなコードに相当します。

import java.lang.*;

ちなみに、名前空間の表記を特定のクラスのみ省略する場合は、次のように書きます。

using std::string;

これは、Java の場合は次のようなコードに相当します。

import java.lang.String;

文字列の動的な生成

Java では、+演算子を使うことで文字列を結合できます。

String str = "str" + "ing";

string オブジェクトも、+演算子で文字列を結合できます。ただし、文字列リテラル同士はアドレス同士の加算となるので、結合できません。そのため、string オブジェクトを作成した上での加算となります。

string s1 = "str";
string s2 = "ing";

string str = s1 + s2;

もしくは、次のようにも書けます。

string str = string("str") + string("ing");

また、文字列ストリームを使う方法もあります。

文字列ストリームを使うには、sstream ヘッダを取り込みます。

#include <sstream>

文字列ストリームを使って文字列を生成するコードを以下に示します。

std::ostringstream stream;

stream << "str" << "ing";

std::string str = stream.str();

サンプルコード

ここで、 Point クラス、Line クラス に、オブジェクトの情報を文字列として返す toString メソッドを作ります。

(;^ω^)本当は、実際に点や線を描くメソッドを設けた方がそれらしいのですが、簡単のために文字列にしました。

追加したコードは次の通りです。

#include <string>
#include <sstream>

using std::string;
using std::ostringstream;

class Point {
private :
	int x;
	int y;

public :
	Point();
	Point(int x, int y);
	Point* clone() const;
	int getX() const;
	int getY() const;
	string toString() const;
};

Point::Point() : x(0), y(0) { }

Point::Point(int x, int y) : x(x), y(y) { }

Point* Point::clone() const {
	return new Point(this->x, this->y);
}

int Point::getX() const {
	return this->x;
}

int Point::getY() const {
	return this->y;
}

string Point::toString() const {
	ostringstream stream;

	stream << "(" << (this->x) << ", " << (this->y) << ")";

	return stream.str();
}

class Line {
private :
	const Point *start;
	const Point *end;

public :
	Line(const Point* start, const Point* end);
	Line(const Line& line);
	~Line();
	Line& operator=(const Line& line);
	const Point& getStart() const;
	const Point& getEnd() const;
	string toString() const;
};

Line::Line(const Point* start, const Point* end) :
	start(start), end(end) { }

Line::Line(const Line& line) :
		start(line.getStart().clone()),
		end(line.getEnd().clone()) {
}

Line::~Line() {
	delete this->start;
	delete this->end;
}

Line& Line::operator=(const Line& line) {
	if (this == &line) {
		return *this;
	}

	delete this->start;
	delete this->end;

	this->start = line.getStart().clone();
	this->end = line.getEnd().clone();

	return *this;
}

const Point& Line::getStart() const {
	return *(this->start);
}

const Point& Line::getEnd() const {
	return *(this->end);
}

string Line::toString() const {
	ostringstream stream;

	stream << (this->start->toString()) << " - " <<
		(this->end->toString());

	return stream.str();
}

変更した部分は、次の通りです。

#include <string>
#include <sstream>

using std::string;
using std::ostringstream;
class Point {
private :
	int x;
	int y;

public :
	Point();
	Point(int x, int y);
	Point* clone() const;
	int getX() const;
	int getY() const;
	string toString() const;
};
string Point::toString() const {
	ostringstream stream;

	stream << "(" << (this->x) << ", " << (this->y) << ")";

	return stream.str();
}
class Line {
private :
	const Point *start;
	const Point *end;

public :
	Line(const Point* start, const Point* end);
	Line(const Line& line);
	~Line();
	Line& operator=(const Line& line);
	const Point& getStart() const;
	const Point& getEnd() const;
	string toString() const;
};
string Line::toString() const {
	ostringstream stream;

	stream << (this->start->toString()) << " - " <<
		(this->end->toString());

	return stream.str();
}

このようにしておくと、次のように Line オブジェクトの情報を toString メソッドを呼び出すだけで取得することができます。

Line line(new Point(0, 0), new Point(10, 10));

std::cout << line.toString() << std::endl;

上のコードを実行すると、次のように表示されます。

(0, 0) - (10, 10)
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)
ブログ内検索
最近の状況
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
使用許諾
最新コメント
(08/15)
(05/04)
(03/06)
(03/04)
(09/25)
最新トラックバック
T/O
(11/05)